Essexのチーム

スーペリアエセックスコーポレート

  • ダニエル・チェ氏はSuperior Essexの最高経営責任者に2022年3月に就任しました。同社入社以前は、LS Cable & System社の北南米地域社長として、製品の販売と戦略、および同社の電力ケーブル事業を統括していました。チェ氏は、1999年に電子部品開発グループにおける研究開発センターのマネージャーとしてキャリアをスタートさせて以来、Superior Essexまたはその親会社であるLS Cable & Systemのいずれかに勤務してきました。同氏は浦項工科大学にて材料工学を専攻し、学士号を取得しています。彼はさらに、ソウル(韓国)大学校で材料科学と工学の修士号と、材料科学と工学の博士号を取得しました。その後、ヘルシンキ経済大学にてMBAを取得しています。

    ダニエル・チェ

    最高経営責任者

    LinkedIn
  • ユン・K・カン氏は、2022年暦年の開幕に合わせて、Superior EssexのCFOに就任しました。カン氏は、グローバルファイナンスおよびリーダーシップに関するさまざまな知識と経験を有しています。それ以前は、ニュージャージー州にあるLG Chem Americaの管理者を20年近く務めていました。また、2010年から2015年まではLG Hausys AmericaのCFO、2017年から2021年までは韓国・ソウルに拠点を置くLG Miso FinanceのCEOを務めていました。カン氏は、ソウル国立大学で学士号を取得しています。

    ユン・K・カン

    最高財務責任者

    LinkedIn
  • サミー・キム氏は、Superior Essex Inc.の最高戦略責任者であり、2022年4月からこの役職についています。キム氏は、Superior EssexでFP&A/PMO担当ディレクターとして勤務した後、LS Cable & System USAでビジネス開発・戦略担当ディレクターとして勤務していました。キム氏は、Superior Essexがサービスを提供している業界に関する知識や、戦略的思考、金融に関する深い理解をもたらします。キム氏はその役職において、Superior Essexが持続可能な未来を実現するための戦略および事業開発イニシアティブの開発と実施を支援します。

    サミー・キム

    最高戦略責任者

    LinkedIn
  • Javier E. MontalvoはSuperior Essexの上級副社長兼最高人事責任者に2022年7月に就任しました。Montalvoは、Georgia Power、CertainTeed Corporationでの以前のリーダー職を含め、人事の分野で30年以上の経験があり、最近ではHitachi Astemo Americas Inc.の人事担当副社長を務めました。また、自動車製造および流通業界で幅広いバックグラウンドを持っており、エネルギー業界にも精通しています。複数の人事関連の資格に加えて、ニューヨーク市立大学の一部であるリーマンカレッジで人事の学士号を取得しています。

    Javier E. Montalvo

    上級副社長、最高人事責任者

    LinkedIn
  • ザック・キム氏は、起業事業企画担当副社長です。2012年から、アジアのFP&Aの部長およびSuperior Essexのヒューマンリソース部長を歴任し、2019年初めにこの役職に就きました。現在のポジションでは、マグネットワイヤの取り組みをグローバル戦略として導き、投資の最適化だけでなく、ベストプラクティスの開発と実行も責務としています。キムは、LS Cable & Systemで人事部長を9年以上務めた後、弊社に入社しました。韓国で、成均館大学校(Sungkyunkwan University)で経営管理学の学士号を取得して、高麗大学校の労働研究の大学院で研究を行っていました。

    ザック・ジウン・キム

    起業事業企画担当副社長

    LinkedIn
  • Justin Imは、Superior Essexの法務およびコーポレートセクレタリー部門長です。同社の最高法務責任者として、彼は会社のグローバルオペレーションに関するすべての法務を監督しています。2012年にSuperior Essexに入社する前は、アトランタのフォーチュン25企業で社内弁護士を務め、ニューヨークとアトランタのグローバルな法律事務所で、企業法、M&A、ストラクチャードファイナンス、証券法を専門としていました。彼はプリンストン大学およびフォーダム大学ロースクールを卒業しています。

    Justin Im

    法務&コーポレートセクレタリー部門長

    LinkedIn
  • Scott WildeはEssex Magnet Wireの戦略ソーシングのグローバル部門長であり、14年間この役割を務めています。同氏は、従来の調達と商品リスク管理に特化した役割という、他の組織では必ずしもマッチすることはない組み合わせのタスクを任されています。ジョージア大学(University of Georgia)でBBSプログラムの奨学金制度を受けてCPM認定を所得し、一連の3つの試験に合格しました。ワールドマラソンメジャーズの6大会にも参加し、年間約30冊ものオーディオブックを読破しました。

    Scott Wilde

    戦略的調達部門長

    LinkedIn
  • マニッシュ・クマール氏は、Superior Essexの情報システム担当副社長であり、システム開発担当ディレクターの職を経て昇格しました。クマール氏とそのチームは、同社のシステムの開発と進化に注力しています。同氏は、30年以上にわたり情報技術業界に身を置き、過去15年間はSuperior Essexに在籍していました。Superior Essexに入社する前は、ソフトウェアコンサルタントとして、インド、英国、アラブ首長国連邦、米国など、世界中の企業にソリューションを提供していました。インドで学部課程を修了し、コンピューターサイエンスを学び、ジョージア工科大学でグローバル経営学を専門とするMBAを取得しています。

    マニッシュ・クマール

    情報システム担当副社長

    LinkedIn
  • Mike Capesiusは、Superior Essexの法人税部門長です。彼はSuperior Essexにて国際税務ディレクターとして数年間働いた後、2022年9月にこの役職に昇進しました。Capesiusはまた、1999年から、TravelportとNewell Rubbermaidの両社において、同様の立場で働いていました。国際税部門に移る前は、消費者金融業界で10年間勤務していました。北アイオワ大学で学位を取得しています。

    Mike Capesius

    法人税部門長

    LinkedIn

Superior Essex Communications

  • ブラッド・R・ジョンソンは、通信業界で32年間経験を重ね、19年前にSuperior Essexに入社しました。現在はSuperior Essex International LP, Communicationsの社長です。1997年1月、ブラッドはミズーリ州セントルイスのエリアセールスマネージャーとしてSuperior Essexに入社しました。1999年にプレミス市場販売ディレクターに昇進し、その後ディストリビューション市場販売担当副社長になりました。2013年7月、販売担当上級副社長のポストを打診され、最終的には通信事業単位の社長に就任しました。Superior Essexに入社する前、彼はGTE Supply/GTE Southwestで販売/マーケティングに関連するさまざまな役職に就き、M/A–COMでも販売管理に関するさまざまな役職に就いていました。ブラッドは、インディアナ州立大学(Indiana State University)で経営学の理学士号を取得しています。

    ブラッド・ジョンソン

    Superior Essex Communications社長

    LinkedIn
  • ケン・ブレイジールは、31年間通信業界に身を置いており、9年前にSuperior Essexに入社しました。現在はアメリカ大陸の企業向け販売担当副社長を務めています。2007年5月、ケンはテキサス州マンスフィールドのエリアセールスマネージャーとしてSuperior Essexに入社しました。2010年1月に西部地域の販売ディレクターに昇進。さらに米国販売ディレクターとなり、最終的には米国販売担当副社長に就きました。2016年1月、南北アメリカにおける企業向け販売はすべて彼の担当になりました。Superior Essexに入社する前はコンサルタント業に従事しており、販売、販売管理、構内配線に関係するさまざまな役職を務めていました。1993年6月にRCDDを取得し、業界の傾向、設置方法、販売戦略に関する業界向けトレーニングを全国で実施してきました。

    ケン・ブレイジール

    Superior Essex Communications企業向け販売担当副社長

    LinkedIn
  • ウィル・ブライアンはSuperior Essex International LPのブロードバンド販売担当副社長です。通信業界で25年間経験を重ね、販売、マーケティング、製品管理、設計エンジニアリングを担当してきました。Superior Essexに入社する前は、Aurora Networks、Dasan Networks、Harmonic and Scientific Research Corporationで働いていました。ウィルはオーバーン大学(Auburn University)で電気工学の学士号を取得しています。

    ウィル・ブライアン

    Superior Essex Communicationsブロードバンド販売担当副社長

    LinkedIn
  • ブライアン・エンサインはSuperior Essex Communicationsのマーケティング担当副社長です。業界での経験年数は30年近くにおよびます。その間、情報通信技術(ICT)コミュニティ内の技術と市場開発活動を行ってきました。ブライアンは構内配線、インテリジェントスペース、サステナビリティ、パートナーシップ、サイバーセキュリティに積極的に取り組むかたわら、サステナビリティを念頭に置いてテクノロジーやインテリジェントスペースを実現することを主眼とした、業界最先端の製品ソリューションの提供にも取り組んできました。ニューヨーク州立工科大学(SUNY Polytechnic Institute)で電気工学技術の学位を、BICSIでRCDD、NTS、OSP、RTPMの資格を取得しています。また、BICSIの前社長でもあります。

    ブライアン・エンサイン

    Superior Essex Communicationsマーケティング担当副社長

    LinkedIn
  • エリック・ペリー氏は、数百万ドル規模の組織で質の高いイニシアティブをサポートし、効果的な事業戦略、運用パフォーマンス、部門横断的なチームでのリーダーシップを率いる、広範な知識を備えた、結果重視の事業管理エグゼクティブです。1997年にSuperior Essexに入社して以来さまざまな役職を経てきました。米国の複数の製造施設において、すべての品質管理機能とスタッフを統率し、基準とベストプラクティスをすべての生産施設に導入し、効率性、生産性、有効性の大幅な向上を実現しました。サウスカロライナ大学(University of South Caroline)で数学と統計学の修士号、理学士号を取得しています。

    エリック・ペリー

    Superior Essex Communications、品質・応用技術部門長

    LinkedIn
  • デレク・ハートランフは、Superior Essex Communicationsにおいて、2022年6月に調達&サプライチェーン部門長に昇進しました。ハートランフは、ソーシング戦略の設計とプロセスの最適化において20年近くの経験を持ち、コストを削減して収益を生み出しています。過去10年間、彼は戦略的調達のグローバルディレクターと、Superior Essexの調達担当シニアマネージャーの両方を務めていました。ハートランフは以前、Crane Materials InternationalとTug Technologiesの両方でエスカレートする役割を担っていました。彼はジョージア州で経営学の学士号を取得し、サプライマネジメント協会からCPSM資格を取得しています。

    デレク・ハートランフ

    調達&サプライチェーン部門長

    LinkedIn
  • マイケル・アダムスは、2020年2月に採用された、Superior Essex Communicationsのオペレーション部門長です。アダムスは、それ以前の22年間、Prysmian Groupでオペレーション、テレコム、およびテクニカルサービスのさまざまな役割を担ってきました。彼はテネシー大学で機械工学の学士号を取得しています。企業で勤務する前は、米国陸軍の歩兵隊として兵役を務めました。

    マイケル・アダムス

    オペレーション部門長

    LinkedIn
  • マーク・ノウは、Superior Essex Communicationsの財務、戦略的財務計画&製造監査部門長です。ノウは、20年近い市場経験を持ち、積極的なアプローチで障壁を克服し、慎重な財務管理を実践しています。それ以前は、Superior Essex社で企業FP&A戦略プランニングリーダーを務め、Applied Materials社、Samsung社、AIG社など世界最大の半導体製造会社でエスカレートする役割を担ってきました。彼は、ジョージア大学テリーカレッジオブビジネスでMBAを取得し、ニューヨーク市立大学システムの一部であるバルークカレッジで経営学の学士号を取得しました。彼は会計学を専攻し、財務を副専攻としてカリキュラムを修了しました。マークは韓国語とスペイン語の両方に堪能です。

    マーク・ノウ

    財務、戦略的財務計画&製造監査部門長

    LinkedIn
  • アンソニー・ゾットは、Superior Essex Communicationsの製造担当部門長です。2022年10月からこの役職に就いています。ゾットは1999年6月に入社して以降、現在の役職に就く前にさまざまな役割を果たしてきました。最近では、同社の重要な拠点であるホイジントン工場を統括していました。在職中、埋立地への廃棄物ゼロ認定プロセスの主導に貢献し、Superior Essex Communicationsを国内で最初に廃棄物ゼロ施設として第三者認証を受けたメーカーの1つにしました。工場は彼の監督下で、2015年からこの状態を維持しています。ゾットは、カンザス州立大学で製造システムエンジニアリングと産業工学の両方の理学士号を取得しています。さらに、ゾットはコロラド州でMBAを取得し、専門的なエンジニアリングライセンスを保持しています。

    Anthony Szot

    製造担当部門長

    LinkedIn

Essex Furukawa Magnet Wire

  • Essex Furukawa Magnet Wire North Americaの社長であるジャレッド・ラウントリー氏は、アジア太平洋地域の社長を務めていましたが、グローバル合弁ベンチャー会社の完成に伴い、最近になってこの役職に移行しました。ほぼ十年間組織に在籍している間、資材マネージャー、オペレーションマネージャー、プラントマネージャー、管理部長を歴任し、現在の役職に至るまでのスキルセットとリーダーシップ能力を培いました。Essexに入社する前は、他の2つの有力メーカーで働いていました。クイーンズ大学(Queens University)およびコネストーガ大学(Conestoga College)で学位を取得しています。

    Jared Rowntree

    Essex Furukawa Magnet Wire North America社長

    LinkedIn
  • クラウス・ボルストナー技師は現在、Essex Furukawa Magnet Wire Europe、Essex Energy ItalyおよびGlobal Enamelsの社長です。彼は、CTCや他のマルチエナメル銅製品の分野における弊社のエネルギーを重視した事業の継続的な発展および市場でのリーダーシップを指揮しています。電気業界での経験が30年もあり、東南アジア、米国、中国で働きながらさまざまな上級職と職歴を重ね、幅広いグローバル経験を培いました。Essexに入社する前は、高電圧アプリケーションと変圧器の分野におけるSiemensになったオーストラリア企業のElinに20年以上も勤務していました。プロセスとイノベーションの理解に役立つ電気工学の学位を取得しています。

    クラウス・ボーストナー

    Essex Furukawa Magnet Wire Europe、Essex Energy ItalyおよびGlobal Enamels社長

    LinkedIn
  • 前川幹衛氏はEssex Furukawa Magnet Wire Japanの社長です。古河電気工業株式会社(日本)マグネットワイヤ事業部の副部長を経て、2020年10月の合弁会社発表後にEssex Furukawaに入社しました。1984年から古河電気グループで働いており、東京とロンドン(英国)で戦略的なグローバル事業開発を行っています。また、2012年から2017年まで最高マーケティング責任者として、企画部門でゼネラルマネージャーを務めました。名古屋大学で経済学の学士号を取得しています。

    Mikimori Maekawa

    Essex Furukawaマグネットワイヤージャパン社長

    LinkedIn
  • Joonhee (Albert) Lee は、エセックス古河マグネットワイヤ中国 のマネージング ディレクターであり、特にトラクション モーターに重点を置いた自動車産業に重点を置いています。エセックス古河合弁会社完成後に異動となった役職です。これに先立ち、Lee は Essex Magnet Wire の技術担当エグゼクティブ ディレクターを 4 年間務め、過去四半世紀にわたり、自動車産業に焦点を当てた新技術の開発に携わってきました。彼は、モーター アプリケーションのマグネット ワイヤの特性設計を改善し、エナメル加工の特性を改善しました。 Lee は、韓国の慶北大学校で工業化学の修士号を取得しました。

    アルバート・リー

    エセックス古河マグネットワイヤ中国 マネージング・ディレクター

    LinkedIn
  • 伊勢悟は、Essex Furukawa Magnet Wireマレーシアのマネージングディレクターです。2017年の最初の合弁事業とHVWW®の開発のために、Essex Furukawa Magnet Wire Europe GmbHのマネージングディレクターを3年間務めた後、この役職に転職しました。過去20年間、同氏はビジネス開発の分野で責任あるポジションを歴任してきました。Essex Furukawaで働く前は、OFS Fitel LLCの事業計画および開発担当ディレクターを務めていました。また、電気通信会社の企画管理部門の海外事業開発チームのマネージャーも務めていました。伊勢氏は、大阪の関西大学工学部で学位を取得しました。

    伊勢悟

    Essex Furukawaマグネットワイヤーマレーシアマネージングディレクター

    LinkedIn
  • ドン・リー氏は、Superior Essexの財務担当副社長兼コントローラーとしての勤務を2年間を続けた後、Essex Furukawa Magnet Wireの最高財務責任者に昇進しました。同氏は、会計監査全体と同社のグローバル製造運用のレポーティングを指揮しています。Superior Essexで働く前は、会計監査員兼共有サービスセンターの部門長としてLG Electronicsに入社後、同社のCFOと、米国での運用を担当する運用部門長をほぼ15年間務めていました。南イリノイ大学(Southern Illinois University)で会計学の学士号を取得し、さらにイリノイ大学の経営学と金融学の経営管理修士号を取得しました。リー氏は、公認会計士と公認管理会計士の資格も持っています。

    Don Lee

    最高財務責任者

    LinkedIn
  • ティム・シーギは、Essex Furukawa Magnet Wireのグローバルオペレーション担当上級副社長であり、事業の世界的なオペレーションおよび製造を担当しています。1986年に古河電気工業に入社し、2020年10月のグローバル合弁会社発表後に現在の役職に就きました。その前には、古河電気工業株式会社 (日本) の事業部長、および古河マグネットワイヤ株式会社の社長を兼任しました。同氏はマグネットワイヤ事業のグローバル事業を担当し、現在の合弁会社の設立に尽力しました。それ以前は、米国インディアナ州フランクリンにあるFEMCO (以前のSPSXとの合弁会社) のプラントマネージャー兼VPを2006年から、マレーシアのFEMMのエンジニアリング&テクニカルディレクターを1998年から務めました。九州大学で機械工学の学士号を取得しています。

    Toru (Tim) Shiigi

    上級副社長、グローバルオペレーション

    LinkedIn
  • マイク・メサキ氏はグローバル研究開発担当の上級副社長です。グローバル企業である同社の研究開発業務を担当しています。同氏は古河グループに35年間在籍し、2020年10月の合弁会社発表後にEssex Furukawaに入社しました。その前には、古河電気工業株式会社のマグネットワイヤ事業部門の技術部長、古河マグネットワイヤ株式会社の技術部長などを歴任しました。この役職では、材料、プロセス開発、プロダクト設計を担当していました。それ以前には、FE Magnet Wire(マレーシア)の常務取締役、古河電気のポリマーリサーチセンターのGMを歴任し、材料開発や金属・プラスチックの複合材料開発に従事していました。東京工芸大学で化学の学士号を取得しています。

    Masakazu (Mike) Mesaki

    グローバル研究開発担当上級副社長

    LinkedIn
  • マット・リーチは、北米新製品紹介&イノベーション部門長であり、過去3年間は、MagForceXイノベーションセンターの立ち上げと監督に携わってきました。職務が増えていく中、Superior Essexの技術およびオペレーション部門で約25年間働いています。最近では、Essex North Americaのオペレーション部門長を務めていたこともあります。現在は、次世代の技術的課題の波を解決するさまざまな分野にわたる専門家チームの指揮を任されています。ローズハルマン工科大学(Rose-Hulman Institute of Technology)では理学士号、インディアナ大学(Indiana University)ではMBAを取得しました。

    Matt Leach

    北米新製品紹介&イノベーション部門長

    LinkedIn
  • アンドリュー・ウィンケルジョンは、北米の営業担当部門長です。彼は2021年7月からこの役職に就いています。彼は、同社でさまざまな製品、販売、およびビジネスの役職を20年間経験しています。現在は、エネルギーや、産業、商業、住宅市場を対象とするすべてのマグネットワイヤ製品ラインを担当しています。ウィンケルジョンには、販売と収益性の高成長目標を上回り、販売チームを構築して主導し、部門を超えて協力して相互に有益な関係を築いてきた実績があります。彼はEssex Furukawaに入社以前には、Baldor ElectricとPhelps Dodgeの両方で販売イニシアチブを主導してきました。ウィンケルジョンは、インディアナ工科大学でMBAを取得し、インディアナ大学で理学士号を取得しています。

    Andrew Winkeljohn

    北米販売部門長

    LinkedIn
  • Greg Caudillは、Essex Furukawa Magnet Wireの北米のテクノロジーおよびカスタマーケア部門長です。Caudillは1998年に会社でのキャリアを開始し、今日までいくつかのチームの不可欠な人材であり、複数のポジションを担当しています。同氏は在職中、トレオン(メキシコ)と蘇州(中国)に2か所のグリーンフィールドサイトを立ち上げ、顧客との技術開発に焦点を当てた複数のグローバルなコラボレーションに参加しました。現在、NEMA 6-MWマグネットワイヤ委員会の議長を務めています。Essex Furukawaで働く前は、コイル巻線、オーバーモールド、テストに焦点を当てた他の役割を担っていました。Caudillは、インディアナ工科大学で電気工学の学士号を取得しています。彼はまた、6件の特許を取得しています。

    グレッグ・コーディル

    北米テクノロジー&カスタマーケア部門長

    LinkedIn
  • Kevin Parkは、2020年8月から北米のオペレーション部門長として勤務しています。Parkは、5つのマグネットワイヤ工場、金属処理センター、およびEssex Furukawa Magnet Wireの化学処理工場を担当しています。それ以前は、Sam Dong社で20年にわたり銅産業界に携わってきました。彼は銅製造に関する知識とマグネットワイヤプロセスの技術的スキルを有し、前職ではゼネラルマネージャーとして勤務していました。群山大学で材料科学と工学の学位を取得し、HUNET MBA認定も取得しています。

    Kevin Park

    北米オペレーション部門長

    LinkedIn
  • Koichi Kikkawaは、Essex Furukawa Magnet Wireのヨーロッパオペレーションの部門長です。2021年11月からこの役職に就いています。Kikkawaは、1990年に日本のプロセスエンジニアとしてキャリアを開始しました。彼のキャリアの大半は古河電工におけるものです。彼は、HVWW®ワイヤ事業の開発に尽力しました。これは、両社間の最初の合弁事業における重要な事業でした。同氏は、ヨーロッパ、アジア、日本のグローバルオペレーショナルエクセレンスのディレクターを務めた後、現職に就き、現在はヨーロッパのEssex Furukawaのオペレーションを統括しています。Kikkawaは、日本の大阪にある関西大学で機械工学の学士号を取得しています。

    Koichi Kikkawa

    ヨーロッパオペレーション部門長

    LinkedIn

Essex BrownellおよびHi-Wire

  • ジェイソン・クラウスコフはEssex BrownellおよびHi-Wireの社長であり、流通ビジネスユニットの、戦略的方向性、ビジョン、成長、および業績に関する責任者です。以前は同ビジネスユニットの地域セールスディレクターを務めていました。クラウスコフは1995年に入社し、Essex Magnet Wire、Superior Essex Communications、Essex Brownellにおいて、製品管理、マーケティング、製品開発、営業の各部門を担当してきました。最近では、北米におけるPureNet通信製品ラインの再構築を監督しました。クラウスコフはインディアナ大学で電気通信の学士号を、ケネソー州立大学で経営学の修士号を取得しています。

    Jason Krauskopf

    Essex Brownell & Hi-Wire社長

    LinkedIn
  • レベッカ・ハニカットは、Essex Brownellのオペレーション&カスタマーサービス担当副社長を務めています。北米に16か所ある倉庫のネットワーク管理を続けながら、2022年4月にこの役職に昇格しました。ハニカットは昇進する前、Essex社のインサイドセールス&カスタマーサービス担当ディレクターを務めていました。在職中にインサイドセールススペシャリストプログラムを立ち上げ、大きな収益を上げるとともに、在庫の間接費を大幅に削減しました。また、98%の満足度を達成したカスタマーサポートセンターの設立や、ビジネスに大きく貢献したアウトバウンドコールプログラムの確立などに貢献しました。2009年にEssex Brownell社に入社したハニカットは、製造業における15年の経験を有していました。

    レベッカ・ハニカット

    オペレーション&カスタマーサービス部門長

    LinkedIn

直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

このページを共有するプラットフォームを下からクリックして下さい。このページを共有しました!