Essexのチーム

スーペリアエセックスコーポレート

  • ブライアン・キムはSuperior Essexの最高経営責任者であり、2015年5月からこの役職に就いています。キムは、在職中に、自動車戦略事業部の設立、Essex Malaysiaの設立、高電圧巻線合弁事業の立ち上げ、MagForceX Innovation Centerの開設およびセルビアのマグネットワイヤ施設の建設を監督しています。弊社でのこの役職の前は、LG Hausys Americaの社長、韓国ソウルのA.T. Kearnyの社長を歴任しました。延世大学校(Yonsei University)では応用統計学の学士号、ミシガン大学(University of Michigan)ではEMBA(Executive MBA)を取得しました。

    Brian Kim

    最高経営責任者

    LinkedIn
  • デイビッド・グレイはSuperior Essexの最高財務責任者であり、2年間この役職に就いています。弊社で5年間キャリアを積み、通信/エネルギーケーブル事業部の財務部門長から、20億ドルに相当するグローバルメーカー全体を監督する現在の職位に昇格しました。Essexに入社する前はCooper Bussmanで財務およびITの部門長ならびにDigital Blueで暫定CFOを務め、販売費および一般管理費の30%削減に貢献して、買収を成功させました。ペンシルベニア州立大学(Penn State)で学位を取得し、メリーランド公認会計士協会(Maryland Board of Public Accountancy)では公認会計士に認定され、管理会計協会(Institute of Management Accountants)では公認管理会計士を取得しました。

    David Gray

    最高財務責任者

    LinkedIn
  • アンナ・バシスタは、Superior Essexのグローバルヒューマンリソース部門長です。過去4年間にわたってEssex Magnet WireとSuperior Essexの両方でヒューマンリソース部門長を務めた後、本役職にほぼ4年間就いています。同氏の献身的なリーダーシップスタイルにより、堅実な企業成長の道のりが切り開かれ、現在ではすべての人事的取り組みを掌握できるまでに至っています。Superior Essexでの役職の前は、他の数社で上級人事部長を約15年間務めました。ハワイ大学(University of Hawaii)で心理学の学士号、エルムハーストカレッジ(Elmhurst College)で産業/組織心理学の修士号を取得しています。SHRM-SCP認定を取得したSHRM(米人材マネジメント協会;Society for Human Resource Management)のメンバーであり、HRサーティフィケーションインスティテュート(HRCI)のSPHR認定(Senior Professional in Human Resources Certification)を取得しています。

    Anna Basista

    上級副社長、グローバルヒューマンリソース

    LinkedIn

Superior Essex Communications

  • ブラッド・R・ジョンソンは、通信業界で32年間経験を重ね、19年前にSuperior Essexに入社しました。現在はSuperior Essex International LP, Communicationsの社長です。1997年1月、ブラッドはミズーリ州セントルイスのエリアセールスマネージャーとしてSuperior Essexに入社しました。1999年にプレミス市場販売ディレクターに昇進し、その後ディストリビューション市場販売担当副社長になりました。2013年7月、販売担当上級副社長のポストを打診され、最終的には通信事業単位の社長に就任しました。Superior Essexに入社する前、彼はGTE Supply/GTE Southwestで販売/マーケティングに関連するさまざまな役職に就き、M/A–COMでも販売管理に関するさまざまな役職に就いていました。ブラッドは、インディアナ州立大学(Indiana State University)で経営学の理学士号を取得しています。

    ブラッド・ジョンソン

    Superior Essex Communications社長

    LinkedIn
  • ケン・ブレイジールは、31年間通信業界に身を置いており、9年前にSuperior Essexに入社しました。現在はアメリカ大陸の企業向け販売担当副社長を務めています。2007年5月、ケンはテキサス州マンスフィールドのエリアセールスマネージャーとしてSuperior Essexに入社しました。2010年1月に西部地域の販売ディレクターに昇進。さらに米国販売ディレクターとなり、最終的には米国販売担当副社長に就きました。2016年1月、南北アメリカにおける企業向け販売はすべて彼の担当になりました。Superior Essexに入社する前はコンサルタント業に従事しており、販売、販売管理、構内配線に関係するさまざまな役職を務めていました。1993年6月にRCDDを取得し、業界の傾向、設置方法、販売戦略に関する業界向けトレーニングを全国で実施してきました。

    ケン・ブレイジール

    Superior Essex Communications企業向け販売担当副社長

    LinkedIn
  • ウィル・ブライアンはSuperior Essex International LPのブロードバンド販売担当副社長です。通信業界で25年間経験を重ね、販売、マーケティング、製品管理、設計エンジニアリングを担当してきました。Superior Essexに入社する前は、Aurora Networks、Dasan Networks、Harmonic and Scientific Research Corporationで働いていました。ウィルはオーバーン大学(Auburn University)で電気工学の学士号を取得しています。

    ウィル・ブライアン

    Superior Essex Communicationsブロードバンド販売担当副社長

    LinkedIn
  • バディ・チャステインは1986年にSuperior Essex Communicationsに入社しました。現在は、同社のカスタマーエクスペリエンス&サプライチェーン管理担当副社長を務めています。在職中、彼は運転資本管理、サービスセンター管理、カスタマーサービス管理、調達管理、ロジスティクス管理、在庫計画を担当し、また複数のプロセス改善実施チームのメンバーとしても働いてきました。バディはジョージア工科大学(Georgia Institute of Technology)で産業管理の理学士号を、南フロリダ大学(University of South Florida)で土木工学の理学士号を取得しました。Superior Essexに入社する前は、軍の請負業者の品質保証担当として、また家族経営の商業建設事業で働いていました。

    バディ・チャステイン

    Superior Essex Communicationsカスタマーエクスペリエンス/サプライチェーン管理担当副社長

    LinkedIn
  • ブライアン・エンサインはSuperior Essex Communicationsのマーケティング担当副社長です。業界での経験年数は30年近くにおよびます。その間、情報通信技術(ICT)コミュニティ内の技術と市場開発活動を行ってきました。ブライアンは構内配線、インテリジェントスペース、サステナビリティ、パートナーシップ、サイバーセキュリティに積極的に取り組むかたわら、サステナビリティを念頭に置いてテクノロジーやインテリジェントスペースを実現することを主眼とした、業界最先端の製品ソリューションの提供にも取り組んできました。ニューヨーク州立工科大学(SUNY Polytechnic Institute)で電気工学技術の学位を、BICSIでRCDD、NTS、OSP、RTPMの資格を取得しています。また、BICSIの前社長でもあります。

    ブライアン・エンサイン

    Superior Essex Communicationsマーケティング担当副社長

    LinkedIn
  • エリックは数百万ドル規模の組織で質の高いイニシアティブをサポートし、効果的な事業戦略、運用パフォーマンス、部門横断的なチームでのリーダーシップを率いる、広範な知識を備えた、結果重視の事業管理エグゼクティブです。1997年にSuperior Essexに入社して以来さまざまな役職を経てきました。米国の複数の製造施設において、すべての品質管理機能とスタッフを統率し、基準とベストプラクティスをすべての生産施設に導入し、効率性、生産性、有効性の大幅な向上を実現しました。サウスカロライナ大学(University of South Caroline)で数学と統計学の修士号、理学士号を取得しています。

    エリック・ペリー

    Superior Essex Communications品質およびアプリケーションエンジニアリング担当副社長

    LinkedIn

Essex Furukawa Magnet Wire

  • ティム・シーギは、Essex Furukawa Magnet Wireのグローバルオペレーション担当上級副社長であり、事業の世界的なオペレーションおよび製造を担当しています。1986年に古河電気工業に入社し、2020年10月のグローバル合弁会社発表後に現在の役職に就きました。その前には、古河電気工業株式会社 (日本) の事業部長、および古河マグネットワイヤ株式会社の社長を兼任しました。同氏はマグネットワイヤ事業のグローバル事業を担当し、現在の合弁会社の設立に尽力しました。それ以前は、米国インディアナ州フランクリンにあるFEMCO (以前のSPSXとの合弁会社) のプラントマネージャー兼VPを2006年から、マレーシアのFEMMのエンジニアリング&テクニカルディレクターを1998年から務めました。九州大学で機械工学の学士号を取得しています。

    Toru (Tim) Shiigi

    上級副社長、グローバルオペレーション

    LinkedIn
  • メサキはグローバル研究開発担当の上級副社長です。グローバル企業である同社の研究開発業務を担当しています。同氏は古河グループに35年間在籍し、2020年10月の合弁会社発表後にEssex Furukawaに入社しました。その前には、古河電気工業株式会社のマグネットワイヤ事業部門の技術部長、古河マグネットワイヤ株式会社の技術部長などを歴任しました。この役割では、材料、プロセス開発、プロダクト設計を担当していました。それ以前には、FE Magnet Wire (マレーシア) の常務取締役、古河電気のポリマーリサーチセンターのGMを歴任し、材料開発や金属・プラスチックの複合材料開発に従事していました。東京工芸大学で化学の学士号を取得しています。

    Masakazu (Mike) Mesaki

    上級副社長、グローバル研究開発

    LinkedIn
  • Baber Inayatは、Essex Furukawa Magnet Wire – North Americaの社長であり、北米および非自動車市場でのすべてのマグネットワイヤー事業を担当しています。過去15年間、イナヤットはエセックスで責任を増す立場にありました。最近では、電気自動車メーカー向けのカスタムマグネットワイヤーソリューションを開発したエセックスマグネットワイヤーオートモーティブビジネスユニットを構築し、主導しました。この任命の前は、テクノロジー&カスタマーケアのグローバルバイスプレジデントであり、エセックスマグネットワイヤーの研究開発を主導していました。彼は、マグネットワイヤ絶縁システムおよびマグネットワイヤ製造プロセスについて多数の特許を取得しています。イナヤットは、ドレクセル大学で電気工学の理学士号と工学管理の修士号を取得し、ウォートンビジネススクールで経営者教育(CPD)を取得しました。

    Baber Inayat

    Essex Furukawa Magnet Wire North America社長

    LinkedIn
  • Joshua Fennigは、Essex Furukawa Magnet Wire Europeの社長であり、同社のアジア太平洋地域担当副社長として2年後の2020年に就任しました。 Fennigは、Superior Essexで20年間継続して雇用され、さまざまな役割を果たし、生産と結果に基づいて数年ごとに昇進する組織内のリーダーの1人です。 Fennigは、非効率的なプロセスを逆転させ、世界中でイノベーション、販売、成長を推進するスキルを実証してきました。彼は、米国、ポルトガル、中国、およびドイツの場所でさまざまな役割を果たしてきました。 Fennigは、Tri-State University(Trine University)で理学士号を取得しています。

    ジョシュア・フェニグ

    Essex Furukawa Magnet Wire Europe社長

    LinkedIn
  • Ing。 Klaus Borstnerは現在、Essex Furukawa Magnet WireBalkanおよびEssexEnergy Italyの社長であり、CTCおよびその他のマルチエナメル銅製品の分野でエネルギーに焦点を当てたビジネスの継続的な進化と市場のリーダーシップをリードしています。彼は電気業界で30年の経験があり、さまざまな上級職に就いています。そのキャリアの中で、東南アジア、米国、中国に住み、働くことで、幅広いグローバルな経験を積みました。エセックスに勤務する前は、オーストリアの会社であるエリンで20年以上過ごし、HVアプリケーションと変圧器の分野でシーメンスになりました。彼は電気工学の学位を持っており、プロセスとイノベーションの理解に役立ちます。

    クラウス・ボーストナー

    エセックス古川マグネットワイヤーバルカンおよびエセックスエナジーイタリア社長

    LinkedIn
  • ジャレッド・ローントゥリーは、Essex Furukawa Magnet Wire Asia Pacificの社長であり、グローバル合弁会社の完成とともに昇格しましたほぼ十年間組織に在籍して、資材マネージャー、オペレーションマネージャー、プラントマネージャー、管理部長を歴任し、現在の役職に至るまでのスキルセットとリーダーシップ能力を培いました。Essexに入社する前は、他の2つの有力メーカーで働いていました。クイーンズ大学(Queens University)およびコネストーガ大学(Conestoga College)で学位を取得しています。

    Jared Rowntree

    社長、Essex Furukawa Magnet Wire Asia Pacific

    LinkedIn
  • 前川はEssex Furukawa Magnet Wire Japanの社長です。古河電気工業株式会社 (日本) マグネットワイヤ事業部の副部長を経て、2020年10月の合弁会社発表後にEssex Furukawaに入社しました。1984年から古河電気グループで働いており、東京とロンドン (英国) で戦略的なグローバル事業開発を行っています。また、2012年から2017年まで最高マーケティング責任者として、企画部門でゼネラルマネージャーを務めました。名古屋大学で経済学の学士号を取得しています。

    Mikimori Maekawa

    エセックス古川マグネットワイヤージャパン社長

    LinkedIn
  • Matt Leachは、北米の新製品紹介およびイノベーション担当副社長であり、過去3年間、MagForceXイノベーションセンターを立ち上げ、監督しています。リーチは、25年近くにわたり、テクノロジーと運用において優れたエセックスと協力してきました。最近では、リーチはエセックス北米のオペレーション担当副社長を務めていました。彼は現在、技術的な質問の次の波を解決するために、多数の分野にわたる専門家のチームを率いる任務を負っています。彼はローズハルマン工科大学で機械工学の理学士号を取得し、インディアナ大学でMBAを取得しています。

    Matt Leach

    副社長、New Product Introduction and Innovation、北米

    LinkedIn

Essex BrownellおよびHi-Wire

  • Michael F. McIlwainは、Essex Brownellの社長であり、Essexブランドの2つの主要な流通手段であるHi-Wireであり、それぞれ北米とヨーロッパをサポートしています。マイクは、同社の営業およびマーケティング担当上級副社長として17年間勤務した後、過去5年間この役職に就いていました。彼は、Brownell Electro、ACTIVE Industries、Simcoeマグネットワイヤー事業、およびAmerican Furukawa(AFI)事業の買収と統合において、2億ドル以上を事業に統合したEssexポートフォリオの重要人物でした。マイクは、メキシコのトレオンと中国の蘇州でのマグネットワイヤー事業拡大のための商業的参入戦略と顧客開発を主導しました。 McIlwainは、プロとしてのキャリアを開始する前に、ペンシルベニア州立大学でマーケティングの理学士号(BS)を取得し、国際ビジネスに重点を置いた経営管理プログラムのためにステートカレッジに戻りました。彼は古典的にハーバード大学のGettingTo Yes / Getting PastNoプログラムを通じて相互利益交渉の訓練を受けています。

    Michael McIlwain

    Essex Brownell and HI-Wire社長

    LinkedIn

IVA

  • XX

    ヴァレリー・メルシエ

    Global Enamels社長

    LinkedIn

直接お問い合わせください。

同じプロジェクトは1つとしてなく、すべての用途が簡単に応えられる仕様であるとは限りません。お客様が抱える課題を解決するための提案をいたします。

このページを共有するプラットフォームを下からクリックして下さい。このページを共有しました!